読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてのGPS Logger

TECHNOLOGY

こないだ秋月電子で買ってきました。

akizukidenshi.com

3,800円で買えるだなんてお手軽ですね。

使うまで

FAQサイトも参考にしつつ
akizukidenshi.com

0.前提

Windows限定。

1.まずは充電

電源つまみはOFFのままでUSB端子に挿し、4~5時間でフル充電

2.ドライバーのセットアップ

同梱されてた8cmCD-Rを見てみる

(CD-DRIVE)
├─CanWay software
│ │ CanWay_Map Selector.exe
│ │
│ └─CanWay Installer_1.1.12
│     CanWay software update.txt
│     CanWay_1.1.12.exe
│     CanWay_manual_EN_2.0.pdf
│     CanWay_manual_JP_1.0.pdf
│     CanWay_manual_TC_1.0.pdf

├─GPS Viewer
│   GPS_Viewer_SIRF.exe

└─GT-730F(L)_GPS USB Trip Logger Dongle
  ├─GPS USB Trip Logger Dongle (Chinese Simplified)
  │   GPS USB Trip Logger Dongle使用手冊.PDF
  │
  ├─GPS USB Trip Logger Dongle (Chinese Traditional version)
  │   GPS USB Trip Logger Dongle使用手冊.pdf
  │
  ├─GPS USB Trip Logger Dongle (English version)
  │   English user manual_GT-730FL_v6.pdf
  │   GT-730F(L) DataSheet v6.1.pdf
  │
  ├─GPS USB Trip Logger Dongle (Japanese version)
  │   ユーザーズマニュアル.PDF
  │
  └─GT-730FL Driver
    └─VCP_V1.3.1_Setup
        VCP_V1.3.1_Setup.exe
        VCP_V1.3.1_Setup_x64.exe

ドライバーをセットアップします。
Windowsが32bitなら VCP_V1.3.1_Setup.exe を、64bitなら VCP_V1.3.1_Setup_x64.exe を実行すれば良いとおもいます

3.ソフトのインストール

CanWay_1.1.12.exe を実行します。

4.ドライバーのインストール

電源つまみをONにすると、LEDが青色に点灯するので、そのままUSB端子に挿します。初回はドライバのインストールが始まると思います。しばらく待ちましょう。

5.ソフトの起動

CanWayを起動します。初回にユーザー登録などを聞かれますが、消費カロリーの計算などに使うだけかもしれません。
メニューバーの「ロガー > パラメータを設定します」を選択し、「GPSロガーCOMポート」のプルダウンが「COM 3」などと表示されていれば、GPSロガーからデータの吸い出しが出来る状態です。
あるいは、何秒ごとに記録を取るか、などの設定をGPSロガーに書き込むこともできます。

6.緯度経度の記録

外で実際に使うときは、電源つまみをONにすると、LEDが青色に「点灯」するか「点滅」するかで状態を表します。
 点灯……GPS衛星の位置捕捉中
 点滅……現在位置の緯度経度を一定時間ごとに記録中(1秒点灯、1秒消灯を繰り返す点滅)

ボタンを1秒以上押して離すと、時間と緯度経度をポイントとして記録成功したときに数秒高速点滅

記録終了は電源つまみをOFFにする

7.データの吸い出し

CanWayを起動し、電源つまみをONにしてUSB接続し、データを吸い出せば良い。吸い出した軌跡は、CSVKML形式で書き出せるので、GoogleMapのマイマップなどにもすぐ流し込めたりできます

はじめてのロギング

今日の目的地は、「加須バッティングセンター」「セガワールド館林」「ラウンドワンスタジアム足利」。
いずれも東武伊勢崎線の駅から徒歩移動を試みます。

建物の中では空の視界が遮られる関係で、ズームしてみると不規則な動きが記録されてるのですね
電車での移動はかなり線路に正確に沿っているようにも見えますね

結論

けっこう面白い!